忍者ブログ

毎日やっているお洗濯がもっと簡単に、ついでに楽しくできればいいですよね! そんな裏技やお得な情報を公開していきます。

   
衣類の洗濯ネットへの効果的な入れ方4つ
洗濯の上でかかせない便利アイテム「洗濯ネット」。
ですが中に入れる衣類をちゃんと正しく入れないと、せっかくの洗濯ネットの効果を生かすことが出来ません。
正しく入れて、衣類をきれいにシワをつきにくくしましょう。

【初来店の方に★次回使える500円クーポン配布中】
そのまま洗えるランドリーバスケットネット
大切に洗える洗濯ネット【日テレ ヒルナンデス で紹介】
洗濯ネット 洗濯 ネット CBJ ブルー |洗|

価格:1,620円
(2016/4/18時点)
感想(31件)


洗濯ネットを使用することで、衣類を洗濯時の擦れや引っかかりなどから守ることができます。
洗濯ネットに入れた方が良いものは、ニットなどの型崩れが心配な衣類や、ビーズなどの飾りが付いた衣類、他の衣類にからまりやすいストールやマフラーなど、生地が薄いブラウスやストッキング、色の濃い衣類などがあげられます。

ですが、デメリットと言える部分もあります。
やはりネットの中に入れているので、汚れがやや落ちにくくなったり、すすぎが十分にできない場合もあります。
汚れの状態や素材の状態を考慮して、ネット洗濯を行いましょう。


【洗濯ネットへの正しい入れ方】
①ホックやファスナーはとめておく。
 ネットに入れているとはいえ、他の衣類に引っかかる可能性があります。

②濃い色、プリント有り、ししゅうなどの飾り付き衣類は裏返す。
 裏返すことで色落ちを防いだり、飾りを守ります。

③衣類にあった大きさのネットを使う。
 小さすぎると汚れが十分に落ちませんし、大きすぎると中で動いてしまって、ネットの効果がいかせません。

④汚れの部分は外側にする。
 内側になってしまうと、汚れが落ちにくくなりますから、外側にしてちゃんと汚れを落とせるようにしましょう。


今や、いろんな大きさやいろんな衣類に合わせた洗濯ネットが販売されています。
100円ショップでもいろんな種類がおいてありますので、そういったところで何種類か購入してみても良いのではないでしょうか。



●関連記事
仕上がりが変わる!洗濯前のチェックポイント6つ




にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へにほんブログ村


PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
洗濯したい物や、付いた汚れなどを検索してください(^O^)
プロフィール
HN:
洗濯娘
性別:
女性
自己紹介:
苦手な洗濯が少しでも好きになれればと始めました。
最近はシミ抜きの面白さに目覚めつつあります。
オススメ洗濯グッズ
忍者カウンター
Copyright ©  -- 便利な洗濯の裏ワザ大公開! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]