忍者ブログ

毎日やっているお洗濯がもっと簡単に、ついでに楽しくできればいいですよね! そんな裏技やお得な情報を公開していきます。

   
ベンジンで機械油のシミ抜き方法
工場などで作業をする仕事をされている方は作業着に機械油が付いてしまうことがあるのではないでしょうか。
他にも車の整備中に付いたり、自転車に乗っていてズボンやスカートの裾が車輪と触れてしまって、なんてこともあるでしょう。
機械油は普通に洗濯したのではなかなか取れません。
作業着洗剤というのもありますが、他の衣類と別に洗わなければいけないので面倒臭かったりします。

ちゃんと汚れた部分をシミ抜きできればいつも通りに洗濯もできます。
※あまりにも全体的に機械油で汚れまくっている作業着などは、専用洗剤で洗って下さい。

【作業着・作業服洗剤】作業服汚れスッキリ
(グリス・エンジンオイル・機械油など)

価格:2,880円
(2016/10/26 時点)
感想(71件)



①汚れの部分の下にタオルなどを敷いておく。

②使い古した歯ブラシなどにベンジンを付け、汚れの部分を軽く叩くようにして落とす。
油性の汚れにはベンジンが効果的です。

イザキ Aベンジン 500ml

価格:359円
(2015/11/6時点)


③汚れが落ち切らないときは、台所用洗剤でもみ洗いする。
デリケートな衣類の場合は歯ブラシで叩くようにして汚れを落とします。

④水ですすぐ。

⑤洗濯機で洗う。


ベンジンがない場合は、クレンジングオイルに中性洗剤を混ぜたものを使っても良いそうです。

↓ クレンジングオイルもシミ抜きに使うなら100円ショップのものでOK!

ファーマアクト ディープクレンジングオイル
ボトル(160mL)【ファーマアクト】
[クレンジング メイク落とし ]

価格:424円
(2016/10/26 時点)
感想(168件)


機械油の汚れも放っておくとどんどん取れにくくなってしまいますから、家に帰ったらすぐにシミ抜きをし洗濯するようにしましょう。
シミはすぐに落とすほど、簡単に落とすことができます。



●関連記事
ボールペンインクのシミの落とし方
衣類についたマスカラを落とす方法
服に付いた接着剤、ボンドの落とし方




にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へにほんブログ村


PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
洗濯したい物や、付いた汚れなどを検索してください(^O^)
プロフィール
HN:
洗濯娘
性別:
女性
自己紹介:
苦手な洗濯が少しでも好きになれればと始めました。
最近はシミ抜きの面白さに目覚めつつあります。
オススメ洗濯グッズ
忍者カウンター
Copyright ©  -- 便利な洗濯の裏ワザ大公開! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]