忍者ブログ

毎日やっているお洗濯がもっと簡単に、ついでに楽しくできればいいですよね! そんな裏技やお得な情報を公開していきます。

   
シミ抜き後の輪ジミを防ぐコツ・輪ジミの取り方
シミ抜きをする場合、どうしても汚れているシミの中心部分から汚れを取ってしまいがちです。
そうした場合に起こりやすいのが「輪ジミ」です。

シミ抜きの場合はシミの外側から内側へ向かって落としていくのが基本です。

輪ジミがついても、シミ抜きした後に洗濯機で洗濯するのなら、その輪ジミは消えてしまうことがほとんどですが、そうでないならば、輪ジミのシミ取りを行いましょう。


①輪ジミの周りを霧吹きで濡らして、シミをぼかす。

②シミの下に乾いたタオルを敷き、シミ抜きをした溶剤を綿棒に付け、シミの部分を叩くようにしてぼかす。
シミの種類は基本3種類!そのシミ取り剤とは

③輪ジミが取れたら、乾いているタオルではさんで水分を吸い取る。
↓ しっかり水分を吸い取りたい!掃除にも便利!

大判 マイクロファイバークロス(厚手)
■ カラー:イエロー ■ 用途:大掃除 洗車 吸水クロス
■ マイクロファイバー クロス マイクロクロス

価格:216円
(2015/11/4 時点)
感想(185件)


④手の平で挟んで、手の温度であたためて半乾きにする。
この時にドライヤーやアイロンで乾かすと、もしシミの成分が残っていたら余計に取れにくくなってしまいます。


輪ジミをつけてしまうと、あとあと面倒なことにもなるので、シミ取りの段階で輪ジミにならないように気を付けておきましょう。
シミがきれいに取れると結構嬉しいものです。

↓ 輪ジミ落とし用の洗剤もあります

シミ抜き後に発生する輪ジミのしみ落としに
「三和化成 輪じみクリーン (420ml)」

価格:1,360円
(2015/11/4 時点)




●関連記事
シミ抜きを自分で行う場合の大切なポイント3つ



にほんブログ村 その他生活ブログ そうじ・洗濯へにほんブログ村


PR
  
COMMENT
NAME
TITLE
MAIL (非公開)
URL
EMOJI
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT
PASS (コメント編集に必須です)
SECRET
管理人のみ閲覧できます
 
ブログ内検索
洗濯したい物や、付いた汚れなどを検索してください(^O^)
プロフィール
HN:
洗濯娘
性別:
女性
自己紹介:
苦手な洗濯が少しでも好きになれればと始めました。
最近はシミ抜きの面白さに目覚めつつあります。
オススメ洗濯グッズ
忍者カウンター
Copyright ©  -- 便利な洗濯の裏ワザ大公開! --  All Rights Reserved

Design by CriCri / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]